豊通物流 流 SDGs

Our Sustainability Initiatives

私たちは 「人間尊重」「共存共栄」の 企業理念のもと、 以下の活動を通じて 多くの人の喜びにつながるよう、 社会に貢献してまいります。

01

未来の
ために

02

お客様の
ために

03

働く
すべての人の
ために

  1. 01

    未来のために

    全拠点において環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証を取得し、未来の社会へより良い地球環境を届けるため、社会の一員として環境保全、省エネ、リサイクル等に努め、環境関連法規や業界基準などを遵守した事業活動の展開を図っています。

  2. 02

    お客様のために

    三好第1・第2センター、安城デバイスセンターにおいては品質管理および品質保証に関する国際規格である「ISO9001」の認証を取得。お客様に喜ばれるご提案と品質向上を目指して、全社で教育と改善活動を重ねています。また、伊丹営業所では「JIS Q 9100」を取得し、航空分野でもお客様からの品質要求にお応えしています。

  3. 03

    働くすべての人のために

    業務遂行にあたり「安全とコンプライアンスは全ての入口」と捉え、当社で働く全ての人に対し安全で健康的な職場を提供します。安全スローガン「ANZEN FIRST」のもと、職場・現場における安全基本動作を教育し、また、コンプライアンス遵守のための迅速な社内報告体制網を構築しています。社員がこれらを心身の負担なく行えるよう、風通しの良い労働環境づくりにも努めています。

SDGs推進ビジョン

私たちの 働き甲斐が 未来の地球の 幸せを創る

物流という、重要不可欠な社会インフラであり、環境問題とも密接に関係する業種を担う事業者として、当社はSDGsを強く推進してまいります。そのためには社員がやり甲斐を持って活き活きと働けている事が不可欠であり、それによって生み出されたものが未来の地球や次世代の子供たちの幸せにつながっていって欲しいとの想いを込め、“私たちの働き甲斐が未来の地球の幸せを創る”を当社SDGs推進ビジョンとして掲げました。社内の理解浸透を深めるため「SDGsとは何か?」について説明会を全社員に実施、その上で全社員参加型のワークショップを開催し、『私たちが未来の社会のためにできることは?』を考え、話し合い、当社のSDGs方針を決定いたしました。

マテリアリティ 重要課題

  1. Materiality

    安心、安全な物流品質で、非常時でも途切れさせない 強靭で柔軟なサプライチェーンを提供します

    • すべての人に健康と福祉を
    • 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 住み続けられるまちづくりを
    • 気候変動に具体的な対策を

    自社フォークリフト道場での研修

    フォークリフトによる事故は重大災害となるケースが数多くあります。当社では事故撲滅を目指して自社フォークリフト道場を設置し、オペレーター向け研修を実施しています。「安全は全てに優先する」ということを最重要テーマとして捉え、事故災害の無い環境で改善活動に注力し、より良いサービスをお客様に提供できるよう日々取り組んでいます。

  2. Materiality

    サプライチェーンの効率化を図り、 省電力・省燃料な無駄のない物流を提供します

    • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
    • 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • つくる責任つかう責任
    • 気候変動に具体的な対策を
  3. Materiality

    再生可能エネルギー事業の推進や、 再生可能電力への切り替えに取り組みます

    • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
    • 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • つくる責任つかう責任
    • 気候変動に具体的な対策を

    太陽光パネルの設置・省エネへの取り組み

    当社の安城デバイスセンター新倉庫では屋上に太陽光パネルを設置するとともに、屋根や壁に断熱材を導入して倉庫内の温度を安定化させ、空調設備への使用電力を抑制し、省エネによるCO2削減を実現しています。

    環境に優しい倉庫設計

    省エネ(へらす)と創エネ(つくる)を組み合わせてエネルギー消費量を正味ゼロにするという考えのZEB(Net Zero Energy Building)の実現を目標とし、新技術によって必要なエネルギーは全て自前で賄えるような、環境に優しい倉庫の設計を目指しています。

  4. Materiality

    3R活動によって循環型社会に貢献します

    • 住み続けられるまちづくりを
    • つくる責任つかう責任
    • 陸の豊かさも守ろう

    通関業務のペーパーレス化

    貿易実務のやり取りで大量に発生する書類のペーパーレス化に取り組んでいます。データ媒体を活用しタッチパネルを導入することによりプリント枚数は1/8以下に減少。また、ペーパーレス化推進のために業務のやり方を根底から変えたことにより、在宅勤務など柔軟な働き方が可能となり、社員の働きやすさ向上にもつながりました。

    リサイクル材の採用

    当社の安城デバイスセンターでは、オフィスのカーペットに漁網や廃プラスチックなどをリサイクルして作られた素材を採用しています。オフィスデザインにおいても環境負荷軽減に最大限配慮した取り組みを推進しています。

  5. Materiality

    地域社会に根付いた物流センターとして、 地域との交流を深め、地域への貢献を大切にします

    • 質の高い教育をみんなに
    • 働きがいも経済成長も
    • 住み続けられるまちづくりを

    SDGsに関する産学連携(高校での講義)

    愛知県安城市の「あんじょうSDGs共創パートナー」として、愛知県立安城高等学校様でのSDGs探究学習プログラムにおいて、当社の社員が外部講師を務めさせていただいております。学生の皆さんの自主性を尊重しながら『貧困・飢餓』の課題解決に向けた調査・支援に取り組んでいます。この活動を通じて「地域とのつながり」と「多様性」の大切さを改めて感じるとともに、職業や立場を問わず人と人が協力し合うことで創り出せる新たな世界があることを実感しています。

    子ども食堂運営サポート

    安城市の「コドモノダイドコsora」様が運営されている子ども食堂の活動を支援しています。当社事務所に設置した募金箱に集まったお金を運営資金として寄付したり、毎月の食堂イベントでサポートスタッフとして参加したり、年に一度のマルシェイベントの企画運営支援などをさせていただいています。食や遊びを通じて、地域コミュニティの中で子どもたちが安心して笑顔になれる居場所作りに協力していきます。

    フードバンクへの寄付

    社内個人用非常持出袋の非常食入替に伴い発生した余剰の食糧を、社内各拠点にフードバンク(経済的な理由等で、食糧困難になっている施設や個人の家庭へ支援をしている団体)への寄付を呼びかけ、集まった非常食を「認定NPO法人セカンドハーベスト名古屋」様へ寄付いたしました。
    <寄付内訳>
    ・非常食458缶 (ビスケット232、クラッカー226)・保存水498本