梱包加工サービス

ITとLTを融合させた海外向けVender to Venderのマザーセンター

国内各部品メーカーより部品一括して受入、梱包。
同一仕向のものをコンテナへ集約し、輸送しています。
メーカーに対しては、小ロット・多頻度の納入を可能とし、お客様へは納期短縮、貿易業務の軽減、輸送コストの軽減を実現しています。

Vender to Venderの自社開発物流システムを確立

自社開発の倉庫管理システム(WMS)を確立し、現場との連携を活かし最適な物流システムとして活用しています。

バンニング

高品質保持を徹底する為に

1、最適な梱包仕様の設定

梱包仕様の検討

梱包作業の標準化、梱包仕様の統一により、品質を維持した上で、コスト低減を実現。
輸出時には、輸出用資材(内装箱、外装容器)をコンテナサイズの規格サイズとすることで輸送効率の よい物流・梱包費用の低減を実現しています。

2、効率化を図った梱包計画

梱包ライン

計画に基いた梱包作業により、作業の平準化を実施しています。

3、現地納入先在庫スペースの削減

当社へ日割り平準納入することにより、現地在庫スペースの削減に貢献しています。